たっこまちの暮らしを楽しもう。旬の味「生にんにく」編

2020/06/25 - 田子町

みなさん、田子町(たっこまち)と言えば何を思い出しますか?

田子町と言えばやはり「にんにく」です。

今週より、いよいよ今年度産の「にんにく」の収穫がはじまりました。

町内では、いたるところでにんにくの香りが漂っています。

臭いがするだけで、なぜか元気になったような気分になりますね(^^♪

にんにくの収穫時期は、6月下旬から7月初旬で、あまり期間をかけず

一気に収穫をします。

これは、にんにくの成長に特徴があり、通常の露地栽培では6月の初旬では

土の中にあるにんにくは、とても小さいのです。

梅雨の時期に近づくにつれて雨が降り、そして晴天が続くと、にんにくは数週間で

一気に大きくなり、収穫適期となります。

収穫適期を過ぎると、にんにくは大きくなりますが、球に割れが入り、市場での

取引価格は下がってきます。

ですので、田子町の農家は今がいちばん人手が必要な時期となっています。

梅雨の時期まで収穫の期間が入ってしまうと、今度はにんにくに病気が付きやすくも

なるから、とても大事な時期となっています。

そうして収穫されたにんにくは、すぐに熱処理を加えるため、乾燥の作業が各農家で

行われます。

ここで大事なポイントなのですが、スーパーや加工食品で表示される

「生にんにく」とは、にんにく農家の方たちが言う「生にんにく」とは実はちょっと違います。

スーパーで一年中手にすることができる「にんにく」は「乾燥にんにく」と言います。

これは、熱処理をし掘り取りから状態から水分を約30パーセントほど下げると、長期保存が

できるようになり、腐りにくくなるからです。

※乾燥処理は約1ヶ月で、新ものが出荷されるのは8月初旬が一般的

乾燥にんにくは、にんにくの皮を剥くと白い薄皮で剥ける状態のことです。

一方、生にんにくの場合は、例えて言うなら玉ねぎの白い部分を剥くような感じに似ています。

ですので、この収穫作業の時に乾燥処理しないものを、わざわざ取り出して販売しているものが

本物の「生にんにく」となります。

今週末でもまだ入手でき、特に田子町ではにんにく収穫に人手が不足しています。

農家さんのところにお手伝いしに行くと、

お礼に「生ニンニク」!という事が良くあります。

農家の気分を味わいながら、この時期に短期で農家体験する生活もこれからは良いかもしれませんね。

前回、田植えでご紹介させていただいた宮村さんのところなどでも、作業してくれる方を募集して

いるようですので、ご興味のある方は是非。

 

また、田子町移住担当でも農家さんのご紹介もできますのでお気軽にお問合せ下さい。

問い合わせ先

◆田子町住民課 子育て定住移住室 0179-23-0678

e-mail takko0303a@town.takko.lg.jp

写真撮影協力 みやむ~のにんにく

#田子町#たっこにんにく#美六姫#果物より甘い#就農#農業体験#青森県