おいらせ町

水の郷

 おいらせ町では豊かな水資源が町の産業を支えています。基幹産業である農業では、奥入瀬川の水を引き入れた美田や広々とした畑地が広がり、工業では伏流水が銘酒・桃川を生み、水産業では名物のホッキ漁やサケ漁で知られています。

大型ショッピングモールと歴史文化遺産

 昔ながらの商店街のほかに大型ショッピングモール「イオンモール下田」が立地しています。また、カワヨグリーン牧場のほか氣比神社や国史跡・阿光坊古墳群などの歴史文化遺産が観光を盛り立てています。

日本一の自由の女神像と鮭まつり

 ニューヨーク市と同緯度で結ばれていることから建てられた、いちょう公園にある高さ日本一(20・8m)の「自由の女神像」、ギネスブックの参考記録にも認定されたことのあるサケのつかみ捕り日本一の「おいらせ鮭まつり」など、日本一がたくさんあります。


主な定住支援制度

 保育料を国の基準額から軽減するとともに、第2子は半額、第3子以降は無料とする保育料軽減事業を実施しています。また、延長保育、休日保育などを実施しています。
 保護者が労働等により昼間家庭にいない主に小学校の児童を対象に、町内4カ所の児童館・児童センター、甲洋小学校区を除く6カ所の放課後児童クラブの利用料を原則無料としています(甲洋小学校区では放課後子ども教室事業を実施)。
 医療費給付事業として、中学校卒業までの子どもの医療費を原則無料としています。また、ひとり親家庭等の児童及び父または母を対象に、児童が18歳に到達する最初の年度末まで医療費を一部助成します(所得制限あり)。

 町内の空き店舗や空き事業所を利用して創業・開業する方に、改装費等に係る費用の2分の1を助成しています(1店舗につき100万円限度)
 農業次世代人材投資事業として、農業を始めてから経営が安定するまでの間、新規就農者(原則45歳未満)に対して国の資金を交付しています(最大150万円/年、最長5年間)。

 洋光台団地定住促進助成金として、町で分譲する洋光台団地の土地を購入し、10年以内に住宅を新築した人を対象に、土地代金の一部を助成します。
 下田小学校区または甲洋小学校区に転入等し、住宅を新築または取得する場合、一定の条件を満たすことで定住促進助成金を支給します。経費総額の10%です(新築上限150万円、中古住宅上限100万円、戸建住宅の賃借の場合は最大36万円)。子育て世帯の場合は、子ども1人当たり20万円の加算助成があります。